こんにちは。

前置きと名乗りが面倒なので、さらっといきたいにったです。

今回は、以前書いた漫画レビュー雑記~ヒロインについて~第二弾をお送りしたいと思います。

 

さて第一弾は“ミステリアスエロ強い”という、テーマのもとやっておりましたが、

・・・如何せんきつかった!思いのほかギッチギチの縛りだった!

なので、他の適当な要素と合わせながら、単純なおすすめ紹介で勘弁してください!

 

ではどうぞ!(今回説明文は作品→ヒロインの順になっています)

 

 

嵐山歩鳥(それでも町は廻っている)

庶民派…★★★

メイド…★

迷度…★★★

基本一話完結型で毎回多彩なサブカル要素(SF、ホラー、ミステリーetc…)を盛り込んだストーリーが面白い日常系漫画です。アニメ化もされています。長くなるので割愛しますが、僕はこの作者の漫画をコンプしてしまいました。それほどまでにおすすめの作品です!

主人公。下町情緒あふれる商店街を舞台にしているだけあって、親近感を覚えてしまうキャラクター。屈託のないと気さくさと、それでいて奇想天外な発想力の持ち主で、見ていて気持ちのいい性格です。言うなれば妹系姐御肌ですかね。あと、ショートカットver.最高です。

 

 

野中晴(イエスタデイをうたって)

不思議度…★★

押しの強さ…★★

カラス…★

18年という長期連載の末、昨年ようやく完結を迎えた冬目景氏の恋愛漫画です。特徴的な絵モラトリアム人間なら引き込まれること間違いなしの、妙にリアルな世界感を持った作品です。美大生なんかは特にドンピシャじゃないかと思います。

とんでも行動を起こす割に、中身は意外と普通だったりする女の子。さばさばと女子らしさのギャップを兼ね備える的な感じですね。カエル顔が可愛いです(大概全キャラですが)。キャラよりもシチュエーションというか、こういう感じでなら波風立たされても悪くないと思います。

 

 

天使恵(天使な小生意気)

完璧度…★★★

強さ…★★★

男の中の男度…★★★

当時一世を風靡したラブコメアニメ化もされています。学園ものかつ恋愛ものかつ不良ものかつバトルものかつコメディでいてファンタジー。今日から俺は!!でも知られる同作者ですが、小気味良いギャグはそのままに、ストーリーも凝っており、どんでん返しとも言える仕掛けは必見です!

絶世の美少女と称される容姿に反して、ボーイッシュ(?)という最強の魅力を持ったキャラクターです。いろんな意味で強いのもまた堪りません。ギャップ含め、飾らなさがいいホンモノです。まさに天使

 

エマノン(エマノンシリーズ)

謎度…★★★

絶対感…★★★

格好良さ…★★

日本を代表するSF作家梶尾真治氏の原作同名小説を鶴田謙二氏作画でコミカライズしたものです。アカシックレコード的なものを持つエマノンを軸に彼女と彼女に触れ合う人たち壮大かつ繊細に描かれており、様々なテーマから示唆に富んだ物語になっています。

名前は“NO NAME”のアナグラムというか逆さ読み。概念そのもののような神秘・魅力は絶対的なものを有しております。本当の達観から来るつかみどころのなさ、それでいて器が人である故に残る人間味セクシーというか、とにかくたまりません!唯一、永遠と刹那を共有でき、だからこそせつなさを感じられるキャラクターだと思います。無造作ロングに煙草が似合うぜNo.1!

 

 

南雲ゆみ(シガテラ)

エロ度…★★

母性…★★

生活感…★★

稲中で有名な古谷実氏のシリアスな漫画です。日常を蝕む非日常がテーマらしいのですが、どちらかというと日常パートというか、人生観みたいな部分が気に入ってます。そして何より、最終話がとても秀逸切ないけれど前を向けるオチになっており、度合いで言うと+1か-1の理想的な雰囲気があります。

個人的には、絶対的とか恒久的な何かを求めてしまう性質なので、上記オチも気に入ってはいるものの、納得し切れていない為、正直、どんぴしゃではありません。それでも、ふざけ合ったり、時に支えてくれたりと、共に育んでいく良い関係性を象徴するような女性です。またそれも含め、乗り継いでは漂うような生活を受け入れて、人ってこういうもんだとか、いい意味での普通を俯瞰させられるキャラクターになっています。(それがいやだけどループに陥りますが…)

 

 

留辺蘂ミカコ(たりんたらん)

欠損…★

シンパシー…★★★

麗し度…★★

今、イチオシの漫画です!何かがたりない!? 新感覚ラブ事情ショートコメディ!!といううたい文句にもあるように、似た者同士のクールでおかしなカップルが巻き起こすドタバタ(?)学園ラブコメです。ニコニコ静画でも読むことができるのですが、次回最終回となっており3巻で終わりそうなのが残念でなりません。


なにかとな感じですが、通じ合う度がいき過ぎた謎の思考が逆に可愛く思えてしまうキャラクターです。見た目こそ清楚で麗しい女の子ですが、なかなかの男前でもあります。ぶれないこと、そして似た者同士だからこその違いに、付き合い方の理想を見出せそうな魅力があります。

 

 

とまぁ、こんな感じで、ゆるく勝手な紹介を書かせてもらいましたが、いかがだったでしょうか?

純粋に好きな漫画のヒロイン紹介になってしまったのはいいとしても、主力のほとんどを使い果たしたので、次回はないんじゃないかと思います。

もし、これを見られて「こいつは外せねぇだろ」とか「俺の嫁も紹介してやんよ」という有志は是非、ご連絡いただけると幸いです。

ってな募集的感じでしめたいと思います。