こんにちは、副編集長のシロです。

 

TOKIWA ROCK JAMレポートも本当の本当に最後となりました。

まあ前置きもほどほどに、今日もこのまま勢いで紹介しちゃいます!!

 

それでは後篇!!TMCの大団円!!いってみましょう!!

長いと思っていたTMCも、あっという間にラスト!!

 

 

2p22

登場したのは、”MasakiSession”さん。

なんと昨日前篇で紹介した”Leftover Pieces”のギターの人、

”Masaki”さんが、我らが(?)ファンキー末吉さんと渋谷有希子さんと張張を引き連れて登場!!

TOKIWA ROCK JAMのラストに向けて、会場もボルテージを上げていく中、

ストイックに腕で、技で魅せてくれるMasakiさん。

Masakiさんの、超絶技巧で会場の盛り上がりはMAX!!

あとは全開のまま最後まで突っ走るだけです。

ここまで来たら僕もなり振り構ってられません!!

 

2p23

ここでまさかの!菅沼孝三加入!

何故か鳴子を持っての登場だああああ。

 

2p27

そのままの流れで大トリのファンキー末吉vs菅沼孝三へ突入です!!

2p24

菅沼孝三さんのテクニックは、言わずもがな!!

と言いつつも口に出さずに入られません。すげぇ、とにかくすげぇ!!

とにかく音数が、バリエーションが、凄いんです。

これが生菅沼孝三の威力!!

また、高速テクニックの解説パフォーマンスで会場に笑いと驚きも与えてくれました。

ドラマーたちは真剣に、食い入るように見てましたが・・・w

そのあともスティックを投げたり、回したり、シンバルを上から下から、

スティックも両端で巧みに叩いたり、挙句、手や鳴子で叩き出したり。

僕じゃわからないけどすげぇ!!追いつかないけどすげぇ!!

さすがは、手数王!!素人からみても手数王!!

2p26

対して、ファンキー末吉さんももちろん負けてはいません。

この凄まじい技の数々に観客は皆、息を呑んでしまいました。

テクニックもさることながらパワーも凄い!

僕はあまり詳しくないのでわかりませんが、音抜けがいいっていうんですかね?

体を突き抜けるようなファンキーさんのリズム

まさにファンキーにさせるパッションを感じました!!

そしてなんといっても、気迫伝わるこの表情!!

おちゃめな菅沼孝三さんとの対比で余計にその凄まじさが際立ちます。

この表情がたまりません!!

さすがは、Asian Drum King!!我らが座長、ファンキー末吉!!

2p25

互いに退かない激しいバトルを続けながらも、合図を送りあい、息ピッタリ!!

時に交互に、時に同時にと、白熱のツインドラムは観客だけじゃなく、メンバーをも釘付けにしてました!!

なんて楽しそうなんだこの二人!!

そんな二人に会場の盛り上がりはまさに最高潮

そして、フィニッシュへ!

二人の王が、互いを互いに讃えあえながら、楽しみながら、自らの技を見せ合う。

これぞラストにふさわしいステージと言わざるを得ません!!

 

2p30

 そうして長くもあり、早くもあったTOKIWA MUSIC CAMP

一気に駆け抜けたTOKIWA ROCK JAMは終わりを告げました。

盛り上がり続けた1日の興奮と満足感!!

そして終わってしまうのかという一抹の儚さ!!

”歓楽極まりて哀情多し”とはこのことか!!

 

ありがとう菅沼孝三!!ありがとうファンキー末吉!!

 

 

 

・・・

 

・・・・・・と、

 

おもいきや。。。

 

2p29

アンコールキターーーーーーー!

みんなでブルースをやってくれることに!!!

2p31

ファンキーさんからお呼びがかかった二井原さんはアルコール片手にステージへ。

ブルージィだぜ!!

2p32

ファンキー末吉さんのみんなステージ上がっちゃえ!!の一言で、Tame-3も登場!!

2p28

そして数々の場面で素晴らしいキーボードを披露してれた、

影なる主役ZhangZhang!!

2p34

即興がラストを飾るなんて、TMCらしい締めくくりです。

最後は会場みんなで大合唱!!

もうステージも客席も関係ありません!!

2p33

そしてそして、本当に最後の最後のステージが終わります。。。

2p35

こうなってみると不思議なもので、一抹の寂しさすら通り越して、

圧倒的な充実感に包まれる会場!!疲労感すらキモチイイ!!

みんなで作ってきたTMCだからこそ、感情のこもった盛大な拍手の中でのフィナーレを迎えられたのだと感じました。

みなさんお疲れ様でした!そして、本当にありがとうございました!!

 

 

 

いやー、終わってしまいました。

長きにわたって密着してきた僕としても、無事に終わった安堵感と、

楽しさと疲労感と、いろんな感情が一気に胸いっぱいに広がりました。

 

 

全5回にわたってお送りしたTOKIWA ROCK JAMレポート!!

みなさんいかがでしたでしょうか。

少しでもこのワクワク感動が伝わればなによりです。

これからも身近なワクワク感動をみなさんにお伝えしますので、

一緒に香川県を満喫しましょう!!

 

・・・いい最終回だった。(来週の定期更新でもTMC全体のまとめやりますしさぬかるも終わりませんw)

 

 

ではでは。