先日、大好評の中幕を閉じたTOKIWA MUSIC CAMP

今回は、中間レポート第2弾のあとのキャンプでの様子を

いまさらなので、しれっとお届けしておきましょう。

 

ではさっそく。

 

tmc3_1

寝床用に布団を持ち寄る。提供者に感謝。 

 

tmc3_2

差し入れでの一枚。本当にみなさんいろいろありがとうございました。

 

tmc3_3

ドラムクリニックでの一枚。この女性の方、ほとんど素人らしい。誰でも受けられてしかもタダ。

いまさらだが、こんな機会は普通ありえない。丁寧にわかりやすく、かつ優しく教えてくれていた。

 

tmc3_4

同じくクリニックでの一枚。ドラマーとして単純に嬉しい事なのは勿論だが、人によって的確な指導をいただける。

真剣なまなざしでクリニックを受けるたこやき屋のもっちゃんさん。

 

tmc3_5

ファンキーさんのご友人のお子さん。セッション中もエアギターでノリノリだった。超かわええ。

 

tmc3_6

飯食うへぶん。働き過ぎで、おいしかったそのどんぶりの中身を、彼は覚えてないと言う。

 

tmc3_7

セッションの時の一枚。毎夜豪華な宴では聞くものを飽きさせることがない。

 

tmc3_9

またまたドラムクリニックでの一枚。再三になるが、ドラマーでもそうでなくてもこんな贅沢ない。

大々的に告知していたら、ファンキーさんは過労になっていただろう。

 

tmc3_10

飛び入りセッションでの打ち合わせ。逆にロックだぜヴァイオリン。ファンキーさんのピアノ姿もレア。

 

tmc3_11

楽しさが伝わってくるセッションだった。ヴァイオリンも以外にというより、普通にマッチしていて聞きごたえ抜群。

 

tmc3_13

サックスとアコーディオンとのセッション。ファンキーさんもブラシを使用。ジャジーで洒落ていてずっときいていたかった。

 

tmc3_14

唄う渋谷有希子萌え。サドウスキー萌え。あとへぶんは眼鏡萌え。

 

tmc3_16

高校生バンドの飛び入りステージ。なんかのCMみたいにサマになっている。けいおん!の曲をやっていた!頑張ろう日本。

 

tmc3_15

最後は、中国勢が作ってくれた麺。羊肉のなんかの麺。うまかった。そして辛かった。

 

しれっとさらっといきましたが、関係者はこんなこともあったなと懐かしんでください。

無関係者は、次回開催にあたっての興味を持っていただければなによりかと。

気になった方は、ライブレポートも読んでくださいね。5つもありますが全部。

TMC特集記事も明日でラストです。

皆さん、是非チェックしてください!