3

「香川県内でうどんを食べる際に正式な作法を義務付ける」条例案が31日、うどん国議会本会議にて満場一致で可決、本日より施行されます。

また制定に伴い、条例違反者を取り締まる為の武装組織UDNも正式に結成されることとなっています。

1
(某イメージを踏襲したへぶんの一枚 注:条例制定後のこのような行いは罰せられる可能性があります。)

そこでさぬかるでは、このうどん条例施行に先駆けて撮影してきた良い例と悪い例を使い、

これから義務付けられるうどんの食べ方についてきっちりご説明いたします。

みなさん、条例違反者(通称:UDQN)となってしまわない為にも、しっかり確認しておきましょう。

 

それでは、ご覧下さい。

2

まず、セルフでもそうでなくても、好きなうどんを注文し席についたところからはじまります。

この時、おでんやおにぎりなどのサイドメニューの注文は自由ですが、

あくまでもうどんがメインであることを忘れずに。

4

まず、になります。

こちらを見ているようで見ていない、うどんのことを考えていないようで考えていない。

そんな状態に10秒ほどなってください。にも似ていますね。

5

それが終わったらようやく、うどんとの対話が許されます。

合掌した親指に割り箸を挟み、純白の麺に思いを馳せながら目を閉じて一礼

周りに聞こえるか聞こえないかくらいの声で、ボソッと「いただきます。」と言いましょう。

隣の席まで声が届いてしまうと条例違反となります。

6

続いて割り箸を割りますが、図のように口で割ったりしてはいけません

ワキを締め、正中線に合わせて力が均等に伝わるように割りましょう

作法通りにしてもきれいに割れなかった場合は、条例違反となる可能性があります。

7

ぶっかけなどでレモンがある場合は、絞りましょう。

ここでの定めは、特にありません

七味などの調味料も好きなだけ入れてかまいません。

8

麺を口に運ぶ前に、やらなければならないことがあります。

それはうどんのコシ確認です。

左折時の巻き込み確認と同じく、口に運ぶ前には必ず行ってください

では、手順をご説明します。

まず、麺を豪快に箸でつかんでください。

この時、残り本数が下回るまでは、15~60歳の方で5本以上つかめていないと罰せられることがあります。

つかんだ麺に対し、右手と箸が垂直になるように保ち、目線の高さまでゆっくりと引き上げます

左手は添えるだけ。

なお、ラーメンを食べる時とは違い、麺を上げ下げしてはいけませんボークをとられます

2秒静止したのち、「コシ良し。」と大きな声で言ってください。

声が小さいと店主が復唱してくれません。

9

それでは、いよいよ食べることができます。

しかし食べると言っても、うどんは飲み物です咀嚼を行ってはいけません

図の悪い例のように、ちゅるちゅると噛みながら食べるなどもってのほかです。

許されるのはうどんを落とさないための甘噛みまでです。

ここでもやはり、15~60歳の方は罰せられてしまいます。

それ以外の方は、2噛みまでと定められております。(乳幼児、お年寄りはお気をつけください。)

この制限は県外の方のみ、身分証明を行う事で5噛みまでに緩和してもらうことが可能です

10

口に入れたら、あとはズルズルと音を立てながらすするだけです。めいっぱいすすります。

むせてしまったり、頭が痛くなったときは、焦らずその状態をキープして凌ぎましょう。

食べ終わるまで上記2工程を繰り返します。

11

食べ終わっても気を抜いてはいけません。

どこのお店にも、公認の覆面UDNが一人はおり、目を光らせています。

悪い例のように、食った食ったと言わんばかりに礼を欠きくつろいでいると、

UDQNに認定され、直ちに連行されてしまいます。

きちんとごちそうさまをしましょう。

少し深めに一礼をし、うどんへの感謝をぶつぶつ唱えましょう。

セルフならトレーを返却口へ持っていき、店のおばちゃんに気の利いた一言を投げ、

ウケれば店を出て終了です。

12

おわかりいただけたでしょうか?

 

UDQNに認定されてしまうと、厳しい厳罰が待っています。

初回で軽微なものなら、どこの店でもちくわが頼めなくなったりするくらいで済みますが、

通常は、うどん生地の足踏み90日間に渡って行う違反者講習を受けることになります。

その際は、最寄りのうどん屋に通知書を持って出頭してください。

また、悪質な違反者の場合、最長で1年間のUDQN矯正施設入りになってしまうことがあります。

その場合は迷わず、100万円以下の罰金、もしくは2年以下の懲役を選んでください。

batsu

うどん国住民の誇りを忘れない為にできたこの条例。

そんなことにならないよう、きちんと守って、

だれもがみんな、

よいうどん人生を送れることを願っております。