こんにちは!ゆ~すけ。です。

昨日のミニ四駆編に引き続き、今日はサバゲー編をお届けです!

気がついたらホビー担当になっていましたが、意外と向いてるかもしれないです(笑)

 

 

前回の腹ごしらえをした後、さらにたこ焼きを頬張りスタミナ全回復。

万全の状態で受付を済ませ、3階の控え室へ・・・。

「今日こそリベンジだ!」ということで持参した、

2015-02-26 23.19.35

愛銃を取り出しいざ戦場へ!

 

結果はというと、やはり誰一人倒せず・・・ウゥ・・・。

言い訳しますとですね、参加者が過去最多ということで、状況把握が辛すぎる混戦状態でして。

やはり体験プレイの方がとても多く、「ときこす効果は凄い!」ということでした(代表山下さん談)

とりあえず案の定ダメだった茶番はさっさと済まして、メインの方へ行きましょう(笑)

 

 

今回は控え室にて、参加者の方に愛銃の方を披露していただきました。

写真 2015-06-07 15 04 34

まずこちらが”M4“というライフルをベースにカスタムしたものですね。

実銃のM4と言うと、世界で1、2を争うぐらい有名な銃です。

主にアメリカ軍全体で幅広く使われていたりします。

こちらはサプレッサーやフラッシュライトにダットサイトと、

かなり実用性を追求したものとなっています。

ちなみにお値段を聞いたところ、ベースの銃本体で3万円程度。

アクセサリーが全体で2万円ほどとのことです。

私には手が出せませんね!欲しいですけども!

写真 2015-06-07 15 02 15

そしてもう一丁。こちらも有名な”AK47“をベースに・・・ってAK?

ご存知の方ならわかるでしょうが、AK47の面影が全く無いフルカスタム状態です。

エアガンになると互換性のあるパーツも幅広く、様々な箇所を取り替えられるので、

このように原型を留めないカスタムもできてしまうわけです。

こちらは恐ろしくて値段の方聞けませんでした(笑)

 

 

そしてやはり”ときこす”ですから、コスプレも外せないだろう!

しかしもうアニメキャラは見飽きた!

って方の為に、自由思想勢力の方にご協力いただきました。

2015-06-07 15.11.26

軍装の参加者が多い中、こういった対になる装備の方は目立ちますね。

装備のイメージはもちろん、中東で戦う人々とのことでした。

ちなみに装備している銃は”AK74″。ノーカスタムです。

ですが、銃全体に傷や汚れをつけるなど、

素晴らしいこだわり。レイヤー意識(?)でした!

 

 

また今回は特別にサバゲーだけでなく、モデルガンの試射ブースも!

ここで言うモデルガンとは、実際に火薬を使い、反動を楽しめる銃のことです。

写真 2015-06-07 17 04 31

こちらがなんと今から20年以上前に発売されたものだそうです。

そして赤外線を使い、ターゲットを打つと反応するなどと20年以上前の物とは思えない。

実際に撃ってきましたが、やはり撃った反動と火薬の香りを身体で感じるのは最高ですね!

写真 2015-06-07 17 05 22

ツト君も初めての体験にびっくりの様子でした。

もし今後チャンスがあれば、是非体験してみてください。

 

 

そんなわけでリベンジの方こそ失敗した”ときこす”でしたが、とても楽しい一日でした。

面白いことは気が付かないだけで、簡単に手の届くところにたくさんあると再認識しましたね。

こんなご時世だからこそ、娯楽を幅広く体験できるこのイベントは

大いに意味のある、とても素晴らしいものだと思います。

是非次回はミニ四駆を走らせて、装備一式固めてサバゲーを楽しみたいものです。

そうなっちゃったら取材の時間無くなっちゃいますがね(笑)

2015-06-07 15.39.50

本当に次こそはリベンジだ!!!