庵治町(あじちょう)は、香川県木田郡にあった町。石材の庵治石で有名。

高松市と2006年1月10日に編入合併し消滅した。

(wikipedia内『庵治町』より引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%B5%E6%B2%BB%E7%94%BA)

 

やぁ、みなさん。今回の記事はツトが担当しますよ。よろしくお願いします。

さて、庵治に行く前に調べておこうと思いまして、「庵治」と検索するとこのような文が出てきました。文末にご注目ください。

え?消滅した??どういうこと???

俺の頭の中ではエヴァファーストインパクトのシーンが再生されたのですが、これは木田郡庵治町が高松市庵治町に変わったことを表しているだけのようです。

それにしても、町が消滅なんて表現をされてしまうと、サブカルに対する期待が膨らんで来ませんか?庵治には何かがある・・・

DSC_0044

いきなり石の山がお出迎えです。そして、この辺り一帯石材店だらけ、というかもうそれしかないと言っても過言ではありませんでした。

 

 aji12

その中で、村井重友石材店の村井一信さんに話を聞かせていただきました。

観光交流館の滝内さん、紹介して頂きありがとうございます!

aji11

その中で見せて頂いたのが、この石で出来た装甲車です。

村井さん曰く、庵治石職人の力量を知って頂くために、作ったとのこと。そしてこの装甲車は一つの石を削って再現されています。

レ〇やプラモとは違うのだよ!

このほかにも洋式便器等も作っているらしくそれはまたの機会に突撃したいですね!

また道中、大きなサメや人間の腕などもありました。庵治はまさに石のテーマパークですね。

 

aji4

観光交流館には、ありました。ショーケースの中にあったので実際は触れませんでした。

まさかとは思いますが回転しないですよね?

他にも取材中に教えていただいたのですが、エ○ァロンギヌスの槍を個人的に作られた方もいらっしゃるそうです。

今回はお会いできなかったのですが、是非見せてもらいたいものです。

 

さて、庵治のサブカルといえば全国的には「世界の中心でを叫ぶ」のロケ地として有名ですよね。

アニメをあまり見ない方はそうだと思います。

ちなみにセカチューのロケ地を巡った様子も動画にて近々アップさせて頂きますのでご期待ください!

石関連も収録予定です!

aji1

しかし!俺は庵治といえば声優  中村悠一さんの出身地という風に思っちゃうんです!

中村さんはマクロスFのアルト、東京喰種の四方 蓮示、俺妹の京介などの声を演じられておりますが、うどん県の観光課係長のうどん健の声も担当されているんです。

中村さんを知っていてうどん健を知らなかったという方は是非検索して見て頂きたいです!その価値はありますよ!

 

そして、ここからは中村さんが子供時代を過ごしたであろう庵治の町を俺の勝手な想像と知識にあわせて紹介していこうと思います。

aji7

庵治は海が近く、ご覧のとおり漁船も沢山あります。

そのため、中村家では夕食のおかずは魚が多かったらしいのですが、中村さんが肉好きだったため一人だけ肉を焼いてもらっていたという話をラジオで聞いたことがあります。

aji14

庵治小中学校付近の通学路です。25年ほど前に中村さんは恐らくこの道を歩いて、登校されていたのでしょね。

aji3

こちらは、雨平写真館。セカチューのロケに使われた場所で現在はカフェとしてリニューアルされています。

事前調査でここに、中村悠一さんのサインがあるということが知り意気揚々とやってきたのです。

aji10b

どれか、分かります?分からないですか?

実はないんですね!以前働いていた方が持って帰ってしまったようです・・・。

ちなみにこのポーズは中村さんが演じられているキャラのポーズ(再現度は低い)なんですが、このポーズが出ると見てる側はガッカリするんですよね・・・。

分からない方がほとんどだと思いますが、ガッカリを表現するためあえて、このポーズを取らせていただきました。

50Gならぬ50ガッカリを上乗せです!

aji9b

一応、2階も調べに来たんですけどありませんでした。また50ガッカリ・・・。そろそろシェリルランカ来いよ・・・。

中村さんを追うという趣旨的にはガッカリでしたが、カフェ自体はすごくおしゃれでセカチュー的にも◎!

そちらの様子は、これまた動画のほうでお伝えできたらと思います!

aji6

この階段を上がっていくと、セカチューのロケに使われたブランコのある広場があります。

アニメ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」の企画の中で中村さんのモテないエピソードが語られていました。それが、

「生まれてこの方モテなかったことがないので、分からないですぅ。」でした。

そんな中村さんならば、思春期に絶対この階段を彼女と一緒に登ってますよね!足取り追えてますよぉ。

ちなみに、俺のポーズはハガレンのグリードをやろうとしたのですが何でしょうねこれ。ゴジラの出来損ないでしょうか?

aji5b

ここも上と同じ理由で、来てみました。

写真では分からないかもしれませんが、雨が降っており、目の前のテトラポットにはふなっしーくんならぬ、ふなむっしーくんでいっぱいです。

問答無用の50ガッカリで累計ガッカリが150も溜まってしまいました。

いつになっても俺の翼たちが出てこないので、今回の取材はここまでです。

 

 

俺の中では中村さんのサインが無かった時点でこの企画オワタってなってしまいましたが、みなさんは如何でしたか?

さて、さぬかるでは、いつか中村さんを呼べるようなイベントを主催出来たらなぁという話をよくしており、実際それを一つの目標に頑張っております。

tt2

そこで、目標達成率を少しでも上げるため、「杉田智一のアニゲラディドゥーーン」に、メールを出していこうと思います。

杉田さんと中村さんの仲の良さは有名ですし、そろそろゲストに来られるんじゃないかと予想してます。

それまでに、ハガキ職人として認知されておけば、さぬかるの話題も取り上げてくれるかもしれない、というわけです!

それまでにさぬかる自体ももっともっと盛り上げないとダメですね。やってやりますよ!

それでは、メールの内容考えるので今日はここまで!今後にご期待ください!

最後まで読んでくださりありがとうございました。アドュアドュー!