オトメちは。これは流行らない(確信)

 

改めましてこんにちは。ツトです。

 

前回のあらすじ・・・乙女旋風吹き荒れるトキワ街一丁目、それぞれの乙女力を極限まで高めるために開催された乙女天幕雑貨店

続々と集まりその力を惜しげもなく開放する乙女たち。そんな中、主催者へのツトのインタビューがひっそりと終わりを告げた。

 

さて、前回は乙女天幕雑貨店の取材に行ったのにまさかのNO雑貨写真で終わってしまいましたが・・・(前回のインタビュー編はコチラ

今回は最初から最後まで乙女雑貨を紹介しまくります。

全部で13店舗・・・なかなかのボリュームです。

 

それでは行ってみましょう!

otome4

 

インタビュー後、初めに訪れたお店は「こんまり書房」さん。「こんまり」は方言である「こんまい」を可愛くもじったそうです。

 

otome5

 

この本はご自分で製本までされているそうです。手書きとフォトショップ両方を駆使して描かれているのだとか。

ミートソースがヒゲについてしまうのぉ・・・

 

取材後、ペロペロキャンディーを頂戴しました。乙女な気配りありがとうございました。

 

続きまして・・・

otome23

 

Hamaarさん。左側はスイーツをモチーフにしたデザイン。そして、右側は・・・

 

otome6

 

アリスや童話の国の姫を意識したデザインとなっております。ファンスゥィ~

 

3店舗目

otome7

 

イラストを見ただけでもう誰だかわかる方も多いんじゃないでしょうか?

前回の乙女パーティと第3回ときこすにも出店されていた「さねすけ」さんです。

 

IMG_20151122_204308

 

去年の記事では俺の乙女化イラストも描いてくれました。

 

otome8

 

今回の新作はマスキングテープだそうです。

仮面舞踏会をモチーフにしているところからも、さねすけさんの新しい一面が感じられます。

 

4店舗目

otome11

 

「manzi屋」さん。

僕の連想する乙女チクなデザインが多かったです。特に真ん中のブローチがいいですね!

manzi屋さんのオススメとうちの編集長のお気に入りが一緒だったので、二人の乙女レーダーの感度が似ているのかもしれませんね(笑)

 

5店舗目

otome15

 

キラキラココロトキメクアクセサリー「helio switch」さん。

乙女パーティには二回目から参加されている、謂わばベテラン乙女です。

 

幻想的な色使いのアクセサリーが多いですが、中でもオススメは写真右の虹色チェス。

角度によって色が変わるこのチェスは虹色好きの僕には堪らないですね~。

 

6店舗目

otome16

 

きらきらふわふわどきどき、「1000s」さん。

Make Merryさんで7年活動されているそうです。

本来シュシュがメインだったそうですが最近は布以外のアクセサリー作りにハマっているとのことでした。

香川にちなんだモノをモチーフにしているそうですよ。

讃岐乙女愛を感じますね!

 

7店舗目

otome12

 

手作りの服を売っていてめちゃくちゃ目立っていたのが「COTTON COLON」さん。

アリスの服も一番イイ所に吊られていて、アリス展とのコラボ感もバッチリ!

 

それにしてもこの数の服を手作りってすごいですよね。

聞いたところ、服は頑張れば一日で出来るそうですが毎日やっていると飽きるそうです(笑)

 

 

8店舗目

otome9

 

Mady chocolat」さん。

取材時、周りの人から「おめでとう」と何回も言われていたので、エヴァの最終回ごっこかなと思いましたが聞いてみると当日がお誕生日だったそうです。

「こんまり書房」さんで頂いたアメちゃんをプレゼントに・・・と思いましたが絶賛ペロペロ中だったので僕も「おめでとう」だけにしておきました。

 

otome10

 

それにしても可愛い小物が多いですね~

キラキラ感、サイズ感、パッケージ全てが一点を指し示しています。

そう、乙女という名の明けの明星を・・・。

 

9店舗目

otome21

 

手作り革雑貨と洋服のお店「NO.15」さん。

 

カッコいいですね!乙女パーティでは珍しいスタイルのお店です。

最近は、革以外のアクセサリー作りも楽しいそうで今後の商品ラインナップがどうなるのか楽しみですね。

 

瓦町から徒歩7分のところにお店もあるので皆さん立ち寄ってみてくださいね。

 

10店舗目

otome13

 

POYOKO」さん。

今回はこういうフリマのイベント自体、2回目の参戦ということです。

2回目なんて言われないと分からないほどの乙女力が店舗から発せられており、僕は「マジっすか」と言っちゃいました。

今は乙女的活動が楽しくて仕方ないそうです。

 

11店舗目

otome22

 

前回も大人気だった「キタヱコトリ」さんのキャンドル作り体験は今回も大盛況で今回もまた僕らは体験することが出来ませんでした。

次こそは・・・!

タイミングが合わずお話も伺うことが出来ませんでしたが、乙女天幕雑貨店という名のキャンドルに笑顔という名の火を灯していたことを僕は知っています。 

 

12店舗目

otome20

 

risotte」さん。

写真一番手前のケーキすごくないですか?丁度お昼時だったので、ものすごく惹きつけられました。

ふと乙女達はお菓子は作らないのかなぁと思いました。次回、聞いてみることにします。

 

risotteさんは、10月23日のサンポートで行われるデザイナーズフリーマーケットにも参加予定だそうです。興味がある方はぜひ行ってみてください!

僕も普段の仕事はカリスマデザイナーの卵をやらせてもらっているので勉強がてら、そちらにもお邪魔させていただきたいですね!

 

ラスト!13店舗目

otome18

 

ときこすでもお馴染みの「さくらや」さんは食品をモチーフにしたユニークなお店です。

 

中でも写真のアリスをイメージしたカクテルが一押しらしいです。しかし、僕が気になったのはその横の・・・

 

otome19

 

天丼をデコレートした名刺入れ!

天丼っていうか天丼の中身じゃねぇか、ドンブリはどうした!

そんな突っ込みを入れずにはいられないぶっ飛んだアイデアの名刺入れです。

 

 

いかがだったでしょうか?

この記事に詰め込まれた乙女力を浴びたことによって、皆様のまつ毛も少女漫画のように伸び始めてはいませんか?

いない?そうですか。

やはり記事で乙女の魅力すべてを伝えるのは無理があるようなので実際にイベントに行って生の乙女雑貨に触れてみてくださいね!

それでは、今回はこの辺で!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!