こんにちは、ツトユウスケです。無事ゾンビ状態から復活しました。

 

いきなりですが、皆さん!キュンキュンしてますか?お目々キラキラの少女マンガの主人公みたいに胸トキめかしていますか?

俺は・・・最近だめですわ・・・。心躍る出来事があっても、もう一人の自分が「中学生じゃねぇんだから」とか「いい加減落ち着けよ」とか囁いて来るんですよね。

でも、短い人生、最後まで瑞々しくありたいじゃないですか!名前なんてなくてもいいから咲かせていたいじゃないですか。

俺の胸にキュンキュンなトキメキを取り戻す、それが今回のテーマです。

kimonoandotome39

そしてやってきたのが街乙女パーティ

四町パティオ広場で開催されている乙女による乙女のための雑貨を集めたマルシェです。

俺はここで出店している乙女達に乙女の何たるかをインタビュー、そして、その作品に触れて乙女力を身に付けようと思います。

さっそく全体を見ていきます。

kimonoandotome44

kimonoandotome37

kimonoandotome43

手作りの乙女チクな作品が並んでおります。

編集長と男二人、取材でなければ乙女オーラにより近寄ることさえ困難であったろうカワイイ品々。見ているだけでも楽しいです。眼福。

 

一通りグルっと回らせていただいた後で、主催者のめろさんに挨拶をしにいきました。

kimonoandotome28

めろさんは服装からもお分かり頂けるように、かなりの乙女能力者です。

せっかくなので少しインタビューさせてもらいます。

kimonoandotome90「何で街乙女パーティーじゃなくて、街乙女パーティなんですか?」

いきなりどうでもいい質問をする俺。

「特に意味はないです」

どうでもいい質問に相応しいどうでもいい答えが返ってきた・・・。しかし、口では表せない乙女ならではのこだわりがあるんだろうなぁ・・・。

続いて、今日全ての人に聞こうと思っている質問。

kimonoandotome90「メロさんにとって乙女とは何ですか?」

「とりあえず可愛ければ乙女です」

ざっくりしてる(笑)あんまりこだわりはないのかもな・・・。

 

こんな感じのめろさんですが乙女特有の恥じらいお持ちのようでして最初は顔出しに抵抗があったようです。

なので、乙女チクに顔を隠してみてください、とお願いしました。その時取れたのがこの写真。

kimonoandotome29

kimonoandotome90(特撮モノに出てくる女怪人にいそうやな・・・)

牙狼とかね。

 後日談ですが、メロさんはツイッターで「石油王と結婚するしかない」乙女力の深遠を垣間見せるツイートをしており、測り知れんと思わされました。

 

それでは、お店を一店一店じっくりと見に行きましょう!

kimonoandotome45

まずはこの魅力的なイラストが描かれた缶バッジi phoneケースを販売しているお店。俺は特に赤頭巾ちゃんのポストカードがお気に入りです。

このファンシーかつどこかボーイッシュさも感じさせる絵の作者がこの方。

kimonoandotome34

sanesukeさんである。

普段少年漫画ばかり読んでいる俺にとってsanesukeさんの作風は新鮮で、心奪われました。

彼女が絵本描いたらマジで流行るのじゃないかぁと思っています。

是非さぬかるで描いてください!

kimonoandotome36

パティオ近くのビルにある、MakeMerry!さんで彼女の作品を買うことが出来るので気になる方は是非行ってみてね♪

 

kimonoandotome90sanesukeさんにとって乙女ってどういうことなんですか?」

最後に定番の質問をしてみました。すると、

「永遠・・・・・・ですかね・・・」

それっぽいのキター!

「乙女とは永遠に侵される事のないお花畑に存在せし者。しかし、それを守るために乙女達は日々戦い続けるのである。を流すこともいとわずに。そう私達は誇り高き戦士なのだ」

という意味が込められている、と勝手に解釈しました。

 ・・・・・・・

 

 

kimonoandotome38

さて、何かを作れそうなお店にやってきました。接客するというよりは写真を撮ってもらう体勢であることにいささかの戸惑いを隠しきれませんがいつだってピース(心の平和)を忘れないのが乙女乙女たる所以なのでしょうか。

真ん中のメガネを掛けた女性が店主のKitaさんです。

kimonoandotome35

こちらでは、キャンドルを作れるそうです。早速やっているフリをします・・・・・・・。

 

・・・・・・・・

 

フリですいません!

15分で出来ると教えてもらったのですが当日は本当に時間がなかったので無理でした。次の機会に是非!

机の上の隠れている部分にはKitaさんの作った雪だるまやスノーマン、肥満型雪人形がコロコロと楽しげに並んでいます。えぇ、そうです、全部同じですね。この日は雪だるまキャンドルを作る日だったようですよ。

 

また、Kitaさんは、キャンドルを作るだけではなくキャンドルを並べることでもさらに作品を表現しています。

 12312023_893381884090468_1036514822_n

 

沢山並べられたキャンドル。これを、上から見ると・・・

 

12312544_893381834090473_130430498_n

こうなる。

真ん中のキャラはやっくりマンというらしいです。

その下のMURE KITAKITAさんの下の名前がMUREと言うわけでなく、牟礼北小学校のMUREでなので勘違いのないようにお願いします。

「子供達を使って校庭に我が名を刻んでやる」という聖帝サウザーみたいなキャラではないのです。

彼女の名前はKita Kanako。ロウを操りしキャンドル乙女なのです。

 

最後にお決まりのヤツ。

kimonoandotome90Kitaさんにとって乙女って何なんです?」

数秒ののち、

「女子の永遠の憧れ・・・かな」

また永遠がきた・・・・・・あ・・・・・また永遠Kita Kanako。

わざわざ言い直した割りには微妙・・・。(すいません)

 

乙女永遠っていうのは俺的にもしっくりくるし、あるのかもしれない。

 

さぁお店紹介もラストです。

kimonoandotome40

出ました。本気で乙女なヤツ。Atelier Teonbara(アトリエ テオンベーラ)。手作りの女性用アクセサリーを販売してます。写真は中でも、ふつくしいと感じたコットンパールのアクセサリーです。

これまでに紹介させていただいた御二方、sanesukeさんの絵は乙女でない俺でもすごくいいなぁと共感できましたし、Kitaさんのキャンドルは時間さえあれば作ってみたいと思えたのですが、このお店の空気にはメンズが侵してはいけない本物の匂いがする・・・。

そして、このお店を出しているのが、

kimonoandotome41

 ヘレンさんである。

「作品を通してお客様の幸せのお手伝いをしたい」

という気持ちで活動されている素敵な人です。

服装も白を基調としていて、まさに純潔という言葉が似合いそうな正統派乙女なのではないか?と俺の期待は膨らみました。

kimonoandotome90ヘレンって乙女っぽい名前ですよね?由来は何なんですか?」

「私、名前が西川なんで・・・」

ん?西川?西川って言えば俺はTMRを思い出すんだけど・・・。

「ほら、お笑い芸人の・・・」

ん?

「大御所の・・・」

んんん?

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

きよし!?

乙女関係ねぇじゃねぇか!

あ~ヘレンね!西川ヘレンね!きよし師匠の奥さんね!

 

ヘレンさんのうちに秘めたる乙女力に疑問が出てきましたが、あの質問もしてみる。

kimonoandotome90「えっと、ヘレンさんにとって乙女とは?」

「ん~考えたことないです」

マジか・・・。

ナチュラルボーン乙女ゆえに考える必要がないのか、それとも実は乙女ではない!?そこのところはっきりさせないと。

kimonoandotome90「何とかひねり出してもらえませんか?」

「え~困りますねぇ。ん~・・・・・・・・・じゃあカワイイでいいです」

でいいです、だと???おい、ヘレンさんよぉ・・・・・・・・・・・。君の乙女力が俺の中でストップ安だよ・・・。

でも、そういえばカワイイっていう答えはめろさんもしていたし、深く考えないキャラもめろさんと被っている。

もしかしたら、乙女には永遠を求めるタイプザックリ行くタイプの二種類に分かれるのかもしれない。

 

 

最後にお店ではないですが展示物として置かれていたジンについて担当の森本さんに聞いてみようと思います。

kimonoandotome30

kimonoandotome90ジンって何なのですか?」

「本を表すそれ以上短く出来ない言葉です。語源はマガジンのジンです。商業的なものだけでなく、個人がホチキスやヒモなどで綴じたものすべてを指すのがジンなんです」

お~、本好きの俺としてはすごく惹かれるトリビアです。

kimonoandotome90「なんかいいっすねぇ。ジンっていう響きも魔力を失っていない本って感じで魅力的です。では、例えば俺が取材のために使っているこのメモ帳もジンとして展示することも可能ですか?」(写真のはこのシーンです」

「残念ながら市販のノートに書いてもジンとは呼べないんです。それをさらに印刷して何らかの方法で綴じればそれがジンです」

そうかぁ~。綴じて初めて本となるわけですね。その線引きもおもしろいなぁ。

 

話の後、たくさんあるジンの中で一番乙女力を感じさせる一冊を探してみました。

その結果がこちら。

kimonoandotome31

kimonoandotome32

春待ちファッション(笑)

 

 

 

乙女はすでにを待っている・・・。

を無視してに備えている・・・。

の咲かない季節に用はないのだ・・・。

 

それが私の乙女道!

ってことなんかな(笑)

 

 

 

乙女パーティ、如何でしたか?

可愛い雑貨と寒空の下に凛と咲いた乙女たち。そして、その乙女力!

気づいてないかも知れませんがこの記事をここまで読んでくれた貴方達の乙女力も格段に上がっていると思います。

俺なんて実際にその場にいたわけですから、ドキムネムネキュンキュンハート。めちゃくちゃレベルアップしましたよ。

だから、ほら・・・

kimonoandotome42

おや・・・・・!

ツトユウスケの ようすが・・・・・・・!

 

 

ドゥッティドゥッティドゥッティドゥン♪

 

 

 

 

 kimonoandotome46

おめでとう! ツトユウスケは 

ツトオトメに しんかした!

 

 

 

むむ?一気にレベルが上がったせいか、さらに・・・

 

 

 

おや・・・・・・!

ツトオトメの ようすが・・・・・・・!

 

ドゥッティドゥッティドゥッティドゥン♪

 

 

 

 

 

IMG_20151122_204308

おめでとう! ツトオトメは

sanesukeワールドの住人に しんかした!

 

このように乙女力をあげすぎると少女マンガ乙女イラストの世界に吸い込まれる危険があるので皆様は、ほどほどにしてくださいね!

 

来週は久々に俺ではなく、たぬかるくんのホモいBL記事です。

今週の乙女と来週のBL記事をあわせてさぬかる乙女ロードと呼ぶこととし終わりにします!

 

先週のゾンビに続き今週も腐った締めでした。

また見てね♪